眼鏡女子

アナル

エロ漫画:古本屋の熟した巨乳彼女が過激なプレイを求めてくる理由とは

価値ある古本を安く掘り出し同業者やマニアに転売する気ままな稼業をやっている男が、ある古本屋に出会った。その古本屋には、古本に囲まれた女性が店番をしていた。その古本屋の元主である彼女の父親は亡くなり、母親も店をつづけるつもりはないという事でもうすぐたたむ予定の古本屋だった。男は、いい本が揃っている古本屋をつぶすまいと話を持ち掛けた。そうして、何度か店に出入りしているうちに、いつの間にかこの店と彼女の新しい主という事になってしまった。彼女からは"パパ"と呼ばれた。そう、彼女と一線を越え愛し合うまでになっていた。彼女の巨乳に鈴ピアスをつけ飼いならした。男は店の整理をしていると、いつも彼女が店番をしている後ろの机の引き出しから一枚のビデオテープを発見した。そこには、彼女が今は亡き父親と近親相姦しているビデオだった。そして、彼女は日に日に"パパ"に求めてくるプレイはどんどん過激になっていった。そう、彼女は今は亡き父親を愛すばかり、男に”パパ”を投影し愛してもらえるよう過激なプレイを求めてくるようになっていいたのだった。
2018.10.25
JK

エロ漫画:”占い研”の相性占いは眼鏡女子の小さなマンコ穴で童貞卒業!!

今日の作品は、時間つぶしにきた学際に出展していた占い研でのお話です。決して占いには興味もなかったが、何気なく、電車までの時間つぶしで占い研に立ち寄った男子高生。そこにいたのは一人の眼鏡が可愛い女の子。で、さっそく"手相"から見てもらった。次は、手の味!?を見てもらった。次は、"相性占い"って事で、眼鏡女の子は、スカートをまくり上げ、くぱぁっと自分のオマンコを拡げた。男子は、こんな形で童貞を卒業するとは・・・と内心思いながら、硬くなったチンポを女の子の股座に近づけた。その時、別の男子が"占い研"にお邪魔してきた。とっさに部屋の奥のカーテン陰に隠れた男子高生。お邪魔してきた別の男子は、おもむろにズボンを下げ、硬く勃起したデカチンポを眼鏡女の子の目の前に出し、おしゃぶりのおねだり♥カーテン陰に隠れていた男子高生は、『俺だけじゃなかったのか』と不思議な嫉妬心にかられ、チンポを四つん這いでしゃぶっている眼鏡女の子の後ろから、ずっと硬く勃起していた童貞チンポを挿入し、あまりの気持ちよさにおしゃぶりされていた男子と一緒に射精をかました。おしゃぶりされていた男子は、口内射精しすっきりしたのか、さっさと"占い研"を後にした。その後、眼鏡女の子のオマンコを童貞チンポがゆっくりと堪能したのは言うまでもありません。
2018.10.25